HOME >> FAQ >> 【傘・レイングッズ】エコ・デ設計傘のご使用上の注意と分解方法 >> NEWエコ・デ 長傘の分解方法

商品に関するFAQ -Frequentry Asked Questions-

Umbrella(傘)& Rain Goods(レイングッズ)
エコ・デ設計傘のご使用上の注意と分解方法

前のページに戻る
傘の構造・部分名称解説図

NEWエコ・デ 長傘の分解方法

ご注意

この傘に備わっている分解機能は、廃棄分別のためのものです。
廃棄以外の目的で以下の分解作業は絶対やめてください。
ご使用時に不具合が生じた際は、お買い求めになられた販売店にご相談くださいますようお願い申し上げます。

1) 本体から生地を分離します

1

1-1

傘を閉じた状態で、先端部の円錐形のパーツ(=陣笠)を緩めて、本体シャフト(=中棒)から抜き取ります。ネジ式になっていますので、反時計方向に回すと緩みます。

2

1-2

傘を閉じた状態のままで、生地および親骨の先端部についているパーツ(=露先)を引き抜いて親骨から外します。

3

3

露先はすべて取り外してください。

ご注意
露先を外した後は、細く尖った親骨先端部が露出した状態になりますので、ご自身ならびに周囲の安全に充分にご注意ください。

4

4

傘を開いた状態にします。

ご注意
露先を外した後は、細く尖った親骨先端部が露出した状態になりますので、ご自身ならびに周囲の安全に充分にご注意ください。

5

5

傘の内側から本体中心のシャフトの(=中棒)上部にあるストッパー(=止め鋲)を押し込みながら、傘を開いた状態からさらに上方向へとスライドさせる部分(=下ろくろ)を押し上げ、傘が裏返った状態にします。

6

6

傘が裏返った状態にしたまま生地を引き、本体(=骨)から分離します。

ご注意
細く尖った傘骨が露出しますので、ご自身および周囲の安全に充分にご注意ください。

7

7

生地が外れたら、本体を傘を閉じた状態に戻します。後は傘を畳む要領で、完全にたたみます。

ご注意
下ろくろと中棒の隙間などに指をはさまないよう充分にご注意ください。露出した骨の先端部等に充分にご注意ください。

8

8

傘骨本体に残った小さな生地をはずす場合は、ハサミ等で切り離してください。

9

9

生地から露先を取り外します。(はさみで糸を切ってください)

2) 本体からハンドル(=手元)を分離します。

10

10

次にハンドルを抜きます。中棒にある突起を押しながら、ハンドルを押し込み、横に回すとハンドルは簡単に取り外せます。

ご注意
ハンドルを外した後の本体シャフト(=中棒)先端部にはパーツが露出した状態となりますので、ご注意ください。

11

11

ハンドルが外れたら、中棒に入っているバネを抜き取ります。
バネを抜く際は、手袋をはめて直接金属部分に触れないようにしてください。

3) 骨を分解します。(金属とプラスチックを分離)

12

12

下ロクロ部分のU字パーツを押し広げて取り外します。

13

13

下ロクロのロックカバー(ねじ式)を反時計回りに回し、完全に下にさげてください。
ろくろから受骨を1本づつ取り外します。

14

14

傘本体の上部(=上ろくろ)に固定されているストッパーを反時計回りに回し、外してください。

15

15

図のように親骨を中棒と完全に平行になる様に押し上げ、上ろくろから1本づつ親骨をはずします。

16

16

全ての親骨と受骨をはずし終わったら、紐などでバラバラにならないよう、束ねてください。

17

17

下ろくろと上部のゴムを中棒から止め鋲を押しながら抜き取り、完了です。

分別例 ①生地 布ごみ 可燃ごみ
②親骨樹脂パーツ プラスチックごみ 可燃ごみ
③中棒 金属ごみ 不燃ごみ
④露先 金属ごみ 不燃ごみ
⑤ハンドル 不燃物 不燃ごみ

ゴミの分別方法は、自治体により異なります。各自治体の分別方法に従って下さい。

エコ・デ 長・ショート傘とパラソルの分解方法エコ・デ 折りたたみ傘とパラソルの分解方法
前のページに戻る

NEWエコ・デとはNEWエコ・デの技術